工学科

 

工学科

暮らしのあちこちにある「工学」。工学は、毎日を便利に、快適にする学びです。

これから10年後、20年後の社会は、どうなっていると思いますか?工学の分野は、今、私たちが生活している社会を見渡すと、ほぼすべてのものに何らかの形で関わっています。車、電車、コンピュータ、スマホ、電気、ガスなど、日頃あまり意識はしていないけれど、生活に不可欠なものばかりです。10年後、20年後の世界、今、私たちの身の回りにあるものは、どのように変わっていくのでしょう。いいえ、どのように進化させて、より便利で快適な社会をつくりたいと思いますか?空飛ぶ車、宇宙ホテル、海上1,000mの都市...そんな夢に描いた世界を実現できるのが「工学の力」です。高校そして大学での学びを通して、夢を形にする力を養っていきましょう。

将来の夢や目標に合わせて、電気・制御系の学びと機械・自動車系の学びを

自由に組み合わせることができる!

高校時代の学びを活かし、より高度なエンジニアになるために。

目指すは「大学・短大への進学」!

エンジニアやメカニックを目指すにも、社会が複雑になるにつれ、高度な技術が必要となります。そこで工学科では「高校×大学の7年間、高校×短大の5年間」という卒業後の進学を視野に入れ、より専門知識を持った、幅広い分野で活躍できる人材を育てます。

進学先

北海道科学大学 工学部

(機械工学科、情報工学科、電気電子工学科、建築学科、都市環境学科)

北海道科学大学 未来デザイン学部

(メディアデザイン学科、人間社会学科)

北海道科学大学 短期大学部

(自動車工学科)

その他、機械工学、電気通信工学、土木建築工学関係の大学や短大、より専門的な知識に特化した技術を学ぶ専門学校

工学科の主な進路先

工学科の主な進路先

大学進学のために、

「普通科目の授業」を充実!

大学に進学するには推薦入試や一般入試などの方法がありますが、いずれも基礎となる国語・数学・英語の主要3教科の学力は欠かせません。そこで普通科目を充実させることで、3年間を通して基礎学力の向上を図ります。授業プラスαで頑張りたい生徒は「尚志塾」も積極的に利用しています。

カリキュラム[週30時間授業]

大学進学に必要な基礎学力を身につけるために、国語・数学・英語の主要3教科の授業を充実させたカリキュラムを展開しています。

機械や電気のしくみを、実際に触って学べる授業が特に楽しい!機械や電気のしくみを、実際に触って学べる授業が特に楽しい!

機械や電気のしくみを、実際に触って学べる授業が特に楽しい!

竹永 悠真さん

石狩市立樽川中学校出身/
トヨタ自動車株式会社へ就職

北科大高に進学したのは、自動車について学び、将来の仕事に活かせる資格を取得したかったことと、自動車のパーツや電気回路などに触れて学ぶのが楽しそうだなと思ったからです。在学中は学級代表や部活の部長を務めていたので大変さもありましたが、成長もできたと思います。これからは一生懸命、仕事に取り組んで両親や友達、知り合いに自慢できるような車の製作に携わりたいです。

勉強も部活も、好きなことに取り組み続けた高校3年間でした。勉強も部活も、好きなことに取り組み続けた高校3年間でした。

勉強も部活も、好きなことに取り組み続けた高校3年間でした。

芳賀 和輝さん

札幌市立北白石中学校出身/
北海道科学大学 工学部 電気電子工学科へ進学

中学の頃から工業の分野に興味がありました。高校では、分野ごとの先生が多くいるので、授業以外でもいろんな話を聞くことができました。科学同好会という部活に入っていましたが、勉強も部活もどちらも好きなことだったので楽しんで取り組めました。大学に合格するために、日々の積み重ねと“わからない”をなくすように努力しました。将来は産業を陰から支える存在になりたいです!

  • 工学科授業紹介
  • 工学科施設紹介
  • 先輩の声
  • 進学について
  • 部活動・同好会
  • 高大連携
  • 4つの特色