ニューストピックス

北海道科学大学高等学校で開催されるイベントの告知・報告をはじめ、在校生の活躍している情報など、本校に関する最新の情報をご紹介しています。

2018/01/22クラブ活動・同好会

部活速報!空手道部

1月17日から19日まで、旭川市総合体育館にて第37回全国高等学校空手道選抜大会北海道予選会が行われました。初日は、個人形・団体形が行われ、男子団体形で本校の一ノ口龍磨選手(電2年)、得地琉葵選手(普2年)、髙木豪選手(普1年)が出場し第3位に入賞しました。昨年は惜しくも第4位という結果で全国大会出場を逃しましたが、その悔しさをバネに稽古に励み、全国大会出場の切符を手に入れました。

2日目からは個人組手・団体組手が行われました。女子個人組手+59Kg級で山本楽羅選手(普2年)が見事優勝し、全国大会への出場を決めました。-59Kg級では大西綾乃選手(普1年)が第3位に入賞しました。準決勝では、力を尽くしましたが2-1で惜敗しました。

また、男子個人組手-61Kg級では得地琉葵選手(普2年)がベスト16に入りました。男子団体組手では、準々決勝で札幌北高校に敗退しベスト8という結果でした。

北海道科学大学高校に校名が変更して、初めての全国大会出場となります。また、山本選手の個人組手優勝によって新たな歴史の1ページを作ることができました。これからも課題がたくさんありますが、一日一日の稽古を大切にして全国大会でも入賞できるよう精進していきます。

また、本校空手道部では、部員を大募集しています。空手に興味がある、空手を頑張りたい生徒さんは、是非北海道科学大学高校へよろしくお願いいたします。

一覧に戻る