ニューストピックス

北海道科学大学高等学校で開催されるイベントの告知・報告をはじめ、在校生の活躍している情報など、本校に関する最新の情報をご紹介しています。

2018/02/15その他

ニュージーランド短期留学⑦

引率している渡辺教諭より、レポートが入りましたのでお知らせいたします。「2月14日(水)です。午前中に授業を受けた後、今回の短期留学のまとめとなる日本文化、北海道についてのプレゼンテーションを行いました。留学前から準備を始め、プレゼンテーションの告知も生徒たち自身で行いました。同じ語学学校で学んでいる生徒、教職員を含め、12名がプレゼンテーションを聞きに集まってくれました。大西さん、柿崎君、森下君、千葉さんの順番に日本の四季、言語、食、北海道の魅力をプレゼンしました。参加者からは絶え間なく日本についての疑問が飛び、生徒たちは全て英語で答えていました。途中で参加者全員の名前をひらがな、カタカナ、漢字で書き、大いに盛り上がりました。1時間の予定時間を使い切り、終了後には残った生徒に折り鶴の折り方を教える一幕もありました。英語でプレゼンテーションを行っただけでなく、あらためて自国の文化を見つめ直す意味でも生徒たちにとっては貴重な体験になりました。

2月15日(木)今日の午前中で語学学校の授業が終わりました。生徒たちも最後の授業ということで少し感傷的になっているようでしたが、最後まで一生懸命やりきりました。午後は生徒主体の自主研修でオークランド郊外にあるマウント・イーデン(Mt. Eden)に行ってきました。マウント・イーデンはオークランドに市街地に残る死火山の一つで標高は約196メートルです。歩いて登ることができ、草に覆われた噴火口跡と頂上からはオークランド市街地と海を見渡すことができました。オークランドはここのところずっと天気が悪かったのですが、今日は快晴で、生徒たちも目の前に広がる絶景に感動した様子でした。明日の朝、オークランドを出発し、夜には新千歳空港に帰着予定です。」

 

 

 

一覧に戻る