ニューストピックス

北海道科学大学高等学校で開催されるイベントの告知・報告をはじめ、在校生の活躍している情報など、本校に関する最新の情報をご紹介しています。

2021/11/15総合的な探究の時間

総合的な探究の時間(2年生)課題探究16回目

 2月末のポスター発表をイメージし、各講座で探究活動継続中です。今回も2つの講座を紹介します。

講座「誰もが過ごしやすい社会とは」

 講師の中田彩仁さんはLGBT+に関する講演活動などを行い、昨年Top 100 Outstanding LGBT+ Future Leadersを受賞した方です。今回の授業でLGBT+についての日本と台湾の教育の違いについての資料をまとめていたグループに話を聞きました。「アジアで唯一同性婚が認められているのが台湾。台湾では国をあげてLGBTについての教育を進めています。日本ではまだ教科書に記載されはじめた程度。」と説明してくれたのは大場晴斗さん。グループで活動することのメリットは「素直に意見を言い合うことができること」だそう。

講座「未来の社会で活躍する自分の姿とは」

 講師の澤田翔太さんは筑波大学で人工知能について研究している大学院生です。受講中の生徒に、AIについて理解を深めるのは大変なのではないか、と聞いてみました。「大変だとは思いません。新しい技術で人々の暮らしをよりよくすることを実際にやっている人たちはすごいと思います。AIについて分からないことが多く、理解が追いつかないこともあるけれど、調べる度に興味が湧いてきます。」と、黄太郎さん。現在の探究活動が卒業後の進路につながることもありそうです。

 

一覧に戻る