HOME

HUSリンクス

HUS LINKS

高大の学びをつなぎ、
自らの未来につなぐ。

HUSリンクス

高校と大学が同じキャンパス内にある環境を
最大限に生かした「HUSリンクス」。
大学が有する教育資源を活用し、
北科大高独自の学びを
3年間にわたって継続することで、生徒の主体性を育てます。

主体的な学び 主体的な学び
新しい価値 新しい価値
社会とのネットワーク 社会とのネットワーク
多面的な知識 多面的な知識
科学的な思考力 科学的な思考力

なぜ高大一体で学ぶのか?

HUS LINKS

が目指すこと

高大の学び方の違いを知り広い世界に触れ未来を自ら切り拓く!

高大一体のメリットを生かす
HUSリンクス年間

HUS LINKS

の概要

高大接続プログラム

より早く、より広い世界に触れる
「未来志向」 の学び。

本校では、高校と大学を擁するスケールメリットを生かし、高校3年間にわたる継続的で高度な「高大接続プログラム」に取り組んでいます。高校1年生という早い段階から大学の学びに触れることで、大学での生活や自分の将来像について具体的にイメージしていくことが可能です。また、北海道初となるコンカレントプログラムを導入し、独自の取り組みで系列大進学者を支援。学習面ではもちろん、大学施設の利用や多世代交流、地域交流を通して、より広い視野や価値観を育み、自分の未来を切り拓く力を養います。

北科大を通して、大学での学びや職業を知る。
北科大を通して、大学での学びや職業を知る。

各学年ごとの取り組み

1

前期 大学を知る

学年集会による北科大説明会

施設見学

後期 職業観を養う

大学教員による大学での体験講義

各学年ごとの取り組み

2

前期 主体的な学びの楽しさを知る

大学教員・高校教員・大学生のサポートを受けながら身近な社会問題を探究

後期 大学の学び(専門)をより深める

大学の学部・学科に関連した分野について、大学生・大学教員のアドバイスを受けながら探究

各学年ごとの取り組み 各学年ごとの取り組み 各学年ごとの取り組み

3

前期 系列校推薦へエントリー

系列校推薦による北科大進学希望者は「系列大進学コース」に在籍

後期 大学の学びを先取り

大学からの出願許可を得られた生徒

コンカレントプログラムに参加
各学年ごとの取り組み 各学年ごとの取り組み

総合的な探究の時間

総合的な探究の時間

北科大高のオリジナルコンテンツ。
生徒が自ら"探究する力"を育みます。

本校では、生徒たちの「自ら課題を発見し、解決する力」や「主体的に取り組み、目標に向かって努力する力」、「多様な他者と協働し、新たな価値を創造する力」など、これからの時代を生きていくために必要な力を育むために、各学年の「総合的な探究の時間」で、特徴のあるオリジナルプログラムを実施しています。授業を通し、生徒たちは自分の適性を学んだり、社会で活躍するプロフェッショナルなどから学ぶことで、人としての幅を広げ、自らの進路選択に生かしていきます。また、「高大接続プログラム」と併せ、系列大学を持つメリットを最大限に生かした、独自性の高い取り組みを展開しています。

充実した3年間の活動で
より多くの成長・成果を得よう。

自分の興味・適性は何だろう?
自分の興味・適性は何だろう?

1年次「探究基礎力をつける」

自分の興味・適性は何だろう? 自分の興味・適性は何だろう?

「進路に関する課題」を柱とし、学問探究や職業探究など複数のミニ探究を通して基礎力を身につける。

pickup

時代に即した環境で探究をバックアップ

  • ●生徒1人1台iPadを利用
  • ●校内Wi-Fi完備
  • ●Zoom、Gmail利用可能
iPad Wi-Fi完備
みんなと協働し課題に取り組みます
みんなと協働し課題に取り組みます

2年次「探究実践力をつける」

みんなと協働し課題に取り組みます みんなと協働し課題に取り組みます

第一線で活躍する多様なプロフェッショナルのサポートのもと、年間を通して本格的な課題探究を実施。クラスを横断して、自分の興味・関心から講座を選択。他者と協働しながら自ら設定した課題に挑む。

2年次の探究活動の流れ

2年次の探究活動の流れ 2年次の探究活動の流れ
未来につながる探究
みんなと協働し課題に取り組みます
探究結果を発表します

3年次「未来につながる探究」

みんなと協働し課題に取り組みます 探究結果を発表します

さまざまな分野のプロフェッショナルの講演により、視野を広げ、自分の興味・関心(衝動)を社会との関係性の中で探究。最後に学年横断でプレゼンテーションを行う。

未来につながる探究
社会のさまざまなプロフェッショナルを講師に招きます

2021年度講座例

自分の興味・関心を深堀り!

北科大の先生と!

実施テーマ

3Dプリンターでゼーベックカー作り

脱炭素社会の新しい車

ゼベックカー軽量化計画

3Dプリンターでゼーベックカー作り

ユニセフ職員と!

実施テーマ

世界の子供の貧困解消のために

ストリートチルドレンについて

なぜ南スーダンは飢餓状態になったのか

世界の子供の貧困解消のために

NPO法人スタッフと!

実施テーマ

ネコに優しい社会を考える

多頭飼育崩壊の実態

保護猫の現状と猫の殺処分をなくすために

ネコに優しい社会を考える

北科大の先生と!

実施テーマ

身近なバリアを考える

共生社会に向けての問題点と改善策とは

車イスと障害物

身近なバリアを考える

多彩なテーマから講座を選択

グローバルな視点とローカルな実践を大切にしたSDGsに関するテーマや、教科横断のSTEAM教育を意識したテーマも。

エネルギーを軸に考える北海道の豊かな未来

アート×科学技術コミュニケーション

未来の社会で活躍する自分の姿とは

身の周りの不思議から考える自然科学

誰もが過ごしやすい社会とは

プログラミングによるゲーム制作

など

コンカレントプログラム

3年次選択 系列大進学コース 列校推薦を目指す生徒が<br>3年次から所属します。後期にはコンカレントプログラムで系列大の授業を早期履修します。

系列校推薦を目指す生徒が
3年次から所属します。
後期にはコンカレントプログラムで
系列大の授業を早期履修します。

系列大進学コースのポイント

北海道初!先進的な教育プログラム

北海道初!
先進的な
教育プログラム

コンカレントプログラム

北海道の高校として本校が初めて導入する「コンカレントプログラム」とは、高校生が大学レベルの教育を受ける取り組みのひとつで、高校と大学の学びの円滑な接続を目指してアメリカで開発されました。日本では、高校生が大学の授業に参加し、単位を修得する形態が一般的で、道外のいくつかの高校・大学で実施しています。

高校在校中から、大学での学び方、学ぶ目的、学ぶべき内容がわかる!

高校在校中から、
大学での学び方、学ぶ目的、
学ぶべき内容がわかる!

コンカレントプログラムに進むと、高校3年後期の時間割の大部分が大学の授業になります。授業の内容は、大学1年生後期に開設されている科目の中から、全員が共通して学ばなければならない科目(「基礎教育科目」)や、それぞれの学部・学科の専門的な内容の基礎を学ぶ科目(「専門基礎系科目」)などで、大学生と一緒に受ける講義もあります。授業時間や講義のレベルは大学生と同じですが、十分に学習についていけるように高校でしっかりとサポートします。

自分の将来につながる学びに、積極的に飛び込んでいける

自分の将来に
つながる学びに、
積極的に飛び込んでいける

コンカレントプログラムの最も大きな目的は、一人ひとりの生徒の目的意識・学ぶ意欲の向上です。大学での学びを経験することで、高校時代に何を学ぶべきか、何を身につけるべきかを生徒自身が強く自覚し、高校卒業まで高いモチベーションを維持し続けることが期待されます。受験は通過点にしか過ぎません。推薦受験に合格した後の時間を空白にすることなく、自分の将来に直結する学びの場にいち早く進むことで学ぶ目的がより明確になるはずです。また、大学生活の一端に触れ、学びの内容や方法を知ることにより、大学入学後の生活や学習への適応が促進され、延いては個々の学びの充実につながっていくことが期待されます。

コンカレントプログラムとは?

本校では系列校としてのメリットを生かし「系列大学進学予定者」に対して、期間を集中してコンカレントプログラムを実施します。具体的には、高校3年後期は多くの時間が大学授業の先取りにあてられ、修得した単位を高大の双方で認定します。さらに、コンカレントプログラムの前後のサポートを重視し、生徒の学びを支援します。

コンカレントプログラムとは コンカレントプログラムとは
「系列大進学コース/コンカレントプログラム」への
参加の流れ
参加の流れ
Step1
1、2年で特別進学コース、進学コースのいずれであっても、「系列校推薦」で北海道科学大学へ進学を目指す生徒が対象になります。(3年進級時に、新たに「系列大進学コース」が加わりコースが再編されます。)
Step2
3年の前期に「系列校推薦」へエントリーします。エントリーをするためには、「3年間の評定平均」「模試の偏差値」などが一定以上の水準であることや、高校生活の活動の成果など、大学が設定する基準を満たすことが条件となります。
Step3
出願許可が得られた場合は、3年後期にコンカレントプログラムへ進みます。出願許可が得られなかった場合は、進学コースに在籍して受験準備を進めます。

コンカレントプログラムで生まれる
時間的な余裕 =「ギャップターム」を
自分の成長に活用しよう!

単位の早期履修で、大学入学後に授業のない時間(ギャップターム)を手に入れることができるのも、コンカレントプログラムの大きなメリットです。大学に入学すると、学びはより専門的になり「もっと力を入れたいこと」が芽生えてくるはず。国家試験に向けた早期の準備、大学院を視野に入れた学びの深掘り、留学、インターンシップ、ボランティア...。大学で生まれる貴重な時間を、自らの成長のために使うことが可能です。

※コンカレントプログラムでの修得単位数は学部学科によって異なります。

自分の成長のために活用
pickup