学校のイメージを超える 学校のイメージを超える

新校舎が誕生。

新校舎イメージ
新校舎イメージ

生徒の自主性を育むため、
好きな場所を選び学習できるよう、
校内に多彩な自学自習スペースを
設けました。

2023年春の移転に向けて、今まさに新校舎の建設が進んでいます。キャンパスの中で最も目を引くのが、大きな三角形のかたち。この、三角形の校舎の中に、四角形の教室を配置していくと、たくさんのスペースが生まれます。教室を廊下で区切る従来の校舎ではなく、いろいろな大きさや種類や高さの場所をいろいろなところに作ることで、生徒が自分たちの好きな学習環境を選んで主体的な活動を行うことができます。

多彩な自学自習スペース
多彩な自学自習スペース

好きな空間、場所で自学自習できる環境!

多彩な自学自習スペース

冷暖房完備で学びに集中できる!

開放感あふれる多目的スペース!
開放感あふれる多目的スペース!

開放感あふれる多目的スペース!

開放感あふれる多目的スペース!

自然の力を活用した
空気循環システム!

北海道といえど、近年の夏の暑さは厳しい状況に。新校舎では、
冷暖房を完備し、生徒が快適に学べる環境にしています。

全フロア冷暖房完備 北日本の学校初のZEB認証獲得
新校舎 平面イメージ図

Pickup

1階から4階まで見通せる校舎

吹き抜けを介して、1階から4階まで見通せる校舎。自然の力で空気を循環させることも省エネのひとつです。

多目的スペース

エントランスの先にある「多目的スペース」は、校舎前面の庭園とつながる、開放感あふれる空間です。

体育館

新キャンパスには高校専用のメインアリーナ(体育館)とグラウンドを完備。そのほか、大学の体育館、グラウンド、トレーニング施設などの利用も構想中。恵まれた環境で、部活動に打ち込むことが可能です。

体育館 体育館
グローバル教室 北海道にいながら世界を体験できる

新校舎の中で特徴的な施設が、北海道にいながらにして世界に視野を広げることができる「グローバル教室」です。人と人、人と地域がつながる場。さまざまな交流が生まれるグローバル教室から教科横断的な学びを創造します。

グローバル教室

※CG は完成イメージです。

大学施設の詳細へ北海道科学大学サイト